障害年金受給事例集

うつ症で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約420万円を受給されたケース

相談者

男性(50代/当該疾病により無職)

【傷病名】 うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金3級

【支給月から更新月までの支給総額】 約420万円

相談時の相談者様の状況

 

弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせいただきました。面談時、詳しくお話をお伺いすると、うつ病をはじめ心疾患、高血圧症の症状もあることが分かりました。しかし、「障害認定基準」に達している傷病は「うつ病」だけでしたので、「うつ病」のみで請求することとなりました。

初診から約10年、うつ病が原因で転職を繰り返し、現在は一旦無職の状態で、今後どうなっていくのかとても不安を覚えていらっしゃいました。障害認定日(初診日から1年半後)時点から今まで、特に病状は改善していないため、申請の方針としては、認定日に遡って遡及請求をすることになりました。依頼人は「医師に相談したが、最近は障害年金を申請してもダメな場合が多い・・・と言われている。無理ではないでしょうか?」と少し弱気でしたが、お話をお聞きした限り、十分可能性があると判断したので、その旨をお伝えしたところ、「少しでも可能性があるなら、申請してみたい。」と決断されました。

相談から請求までのサポート

 

 初診日(障害認定日も同じ病院に通っていた)は10年以上前でしたが、初診時の病院に確認したところ、当時のカルテが残っていたため、無事「障害認定日時点の診断書」を取得することができました。

現症の病院へは、依頼人の現在のご病状をしっかり伝えることのできる「診断書依頼書」を作成し、依頼人から直接主治医へ持参していただきました。その結果、ご本人の病状がしっかり記載された診断書を作成してくださりましたので、「病歴・就労状況等申立書」には、『初診日から現在まで、病気が原因で転職を繰り返していること、病状に波はあるが大きくは変化していないこと』を記載し、申請しました。

結果

 障害厚生年金3級(年額約61万円)を取得、次の更新まで約420万円を受給できました。

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日