障害年金受給事例集

統合失調症で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約117万円を受給されたケース

相談者

男性(20代/当該疾病により無職)

【傷病名】 統合失調症病
【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級
【支給月から更新月までの支給総額】
 約117万円

相談時の相談者様の状況

 2度ご家族の協力のもと、ご自身で申請されましたが、2回とも「不支給」という結果であり、知人を介して「社会保険労務士」という存在をお知りになり、弊社のホームページをご覧いただき、お電話でお問い合わせいただきました。

面談時に、「大学在学時に発病し、病気がきっかけで今まで就労経験は全く無い状態で、薬の大量服薬をしたり、自殺未遂をしたため、入院もした。現在も医師からは就労不能と診断を受けている。」とお父様よりお話いただきました。「2級の可能性はある。」旨お父様にお伝えしたところ、「障害年金申請のプロにお任せして、もう一度挑戦したい。」ということで、受任に至りました。

相談から請求までのサポート

 主治医へ「診断書」を依頼する際に、弊社で「診断書依頼書」を作成いたしました。「診断書依頼書」では、特に「診断書裏面 の「日常生活状況(適切な食事ができるか、身辺の清潔保持ができるかなど)」について、主治医に現在の依頼人の状況をしっかり反映していただけるよう「あくまで単身で生活するとしたら可能かどうか」を前提にご作成いただきたいとお願いしました。

また、「病歴・就労状況等申立書」には、入院を経ても、病状は改善していないことを訴えるため、診断書には記載されていない日常生活の支障(一人で外出することがほぼ不可能で、病院から勧められたデイケアも父親に連れられ3カ月に1回通うのがやっとであるため、現時点での就労は困難であることなど)をいくつか記載しました。

結果

障害基礎年金2級(年額約78万円)を取得、次の更新まで約117万円を受給できました。

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日