障害年金受給事例集

広汎性発達障害で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約117万円を受給されたケース

相談者

女性(30代/当該疾病により無職)

【傷病名】 広汎性発達障害

【決定した年金種類と等級】
 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】
 約117万円

相談時の相談者様の状況

弊社のホームページをご覧いただき、依頼人のお父様から「娘が精神障害(人格障害)で社会に適応できず、自宅で過ごしている。障害年金の対象になるだろうか?」とお電話をいただき、面談となりました。

依頼人は、他者とのコミュニケーションがうまくとれないため、来所されず、お父様のみいらっしゃいました。詳しく話をお聞きすると、「幼稚園の頃から周りになじむことができず、通園を拒否することがあったので、児童相談所へ相談に行くこともあった。初めて病院へ行ったのは、依頼人が高校生の頃だが当時の病院は廃院になっている。」とのことでした。

「第三者証明書」(20歳前に初診日があるが、当時の病院が廃院しているなど、「受診状況等証明書」の取得ができない場合、第三者に当時医療機関で診察を受けていたことを申し立てていただく証明書で、原則複数枚必要)が取得できれば、20歳前障害として申請できる旨お伝えしたところ、廃院となった病院の先生と連絡が取れるかもしれないということで、まずはその先生と連絡を取っていただくようお願いしました。

数日後お父様から、「廃院になった病院の先生に『第三者証明書』を書いてもらえることになった。」とご連絡があり、「障害年金申請の道筋をつけてくださってありがとうございます。無事申請が出来るよう、サポートいただきたい。」とおっしゃられ、契約となりました。

相談から請求までのサポート

 

初診時の廃院となった病院の先生、また依頼人の幼稚園の先生の合計2名に「第三者証明書」を作成していただくことが出来ました。2番目の病院も「カルテ」が残っていなかったため「受診状況等証明書」を取得することはできませんでしたが、3つ目の病院で無事「受診状況等証明書」を取得でき、お父様のご協力もあり、スピーディーにご契約後約1カ月で申請することが出来ました。

お父様からも「社労士事務所に頼んだおかげで、迅速に請求までたどり着くことができた。ありがとうございました。」と言っていただけました。

結果

 障害基礎年金2級(年額約78万円)を取得、次の更新まで約117万円を受給できました。

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日