障害年金受給事例集

双極性感情障害・軽度知的障害で障害基礎年金2級を取得し、次回更新まで約156万円を受給されたケース

相談者

男性(20代/就労移行支援施設に通所中)

【傷病名】 双極性感情障害・軽度知的障害
【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級
【支給月から更新月までの支給総額】 約156万円

相談時の相談者様の状況

 本件の依頼人は、就労移行支援施設の方のご紹介で、同施設職員と一緒に来所されました。一度自分で障害年金申請を試みられたときに取得された「診断書」の「裏面【日常生活能力の判定】」がすべて「できる」となっており、依頼人の実態が反映されていないものでした。「普段から主治医に現在の病状を伝えることができていないため、現在の実態が反映されていないのではないか?」と依頼人はおっしゃいましたので、依頼人、就労支援施設職員の方から日常生活の状態を聞き取ったところ、2級の可能性があると判断し、契約となりました。

相談から請求までのサポート

依頼人の「初診時の病院の先生に診察してもらいたい」という希望により、面談後転院されました。およそ3カ月後、「初診時の病院で診断書を書いてもらえるようになった。」と連絡がありました。弊社では依頼人の日常生活の支障を伝える「診断書依頼書」を作成し、依頼人から主治医に渡していただきました。「病歴・就労状況等申立書」には「就労支援施設職員」からヒアリングした「施設内での様子(時間を守ることが出来るかどうか、身だしなみなど)」も反映しました。「就労支援施設職員」のご協力もあり、無事に依頼人の状態がしっかりと反映された「診断書」を取得し、スムーズに申請することができました。

結果

 障害基礎年金2級(年額約78万円)を取得し、次回更新まで156万円を受給されました。

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日