障害年金受給事例集

統合失調症で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約117万円を受給されたケース

相談者

男性(代当該疾患で失職)

【傷病名】 統合失調症

【服用している主な薬】 「エビリファイ」「ベルソラム」「プルプラノロール塩酸塩」「クエチアピン」

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金3級

【次の更新まで】 約117万円

相談時の相談者様の状況

最初のお電話は関東在住の「依頼人の兄」からいただき、お兄様が大阪に帰省されたとき、面談を実施しました。お兄様は、「初診日がおよそ20年前なので証明が取れるかどうかわからない。

発症してから、病気の特性もあって、短期間で転職を繰り返している。今は入院中だが、退院しても再就職の見込みが立たない。」とおっしゃり、障害年金を受給しなんとか治療費だけは確保したいとのご意向でした。

ただ、依頼人ご本人にしかわからない情報が申請可否のキーポイントだったため、この日は契約保留とし、ご本人の外出の許可が下りた1カ月後、再面談しました。
この申請の一番のネックである「初診日の証明」について、ご本人に記憶を呼び出していただき、ようやく医療機関名だけは判明しました。

ただ、「初診日から20年以上経過しているので、自分で証明書を依頼するのは無理。専門家に何とかしてほしい」とおっしゃるので「できるだけのことはしてみましょう」と、ご契約していただくことにしました。

相談から請求までのサポート

初診日の病院は中部地方の中核都市に所在していました。電話で確認したところ「通院記録だけは残っている」と分かったため、「郵送で『受診状況等証明書』を送ってほしい」と伝えると、最初は郵送手配に強い難色を示していました。「依頼人の窮状を救うためには、どうしてもこの書類が必要だ。

しかし、こちらは大阪なのでそちらへ訪問することができない。患者の命を救うのと同じくらい大切な業務であるはずだ。何とか助けてほしい」と、必死に説得した結果、窓口の担当者が上司の承諾を得てくれ、「受診状況等証明書」が発行されました。

次は現在通院中の病院に「現在の病状の診断書」を作成してもらうための「診断書作成依頼書」を送付しました。こちらは、非常にスムーズに診断書が発行され、内容も障害年金認定等級3級相当でした。

最後は戸籍書類等を依頼人に入手してもらい、書類一式を年金事務所へ提出しました。申請が完了した旨を依頼人お兄様・ご本人に報告すると、「自分でやろうとしていたら、絶対に途中で諦めていたはずだ。粘り強くがんばってくれて本当にありがとう」と言ってくださいました。

約3カ月後、依頼人から「障害厚生年金3級に認定された。これで治療費の心配がなくなる。渡辺事務所に頼んで本当によかった」とご連絡がありました。「20年以上も前の初診日の証明を取れたのは、やはりプロの技だった」とも言ってくださいました。病院との折衝には、ちょっとしたコツがあることは、依頼人には内緒にしておきました。

この依頼人のように、自分で障害年金の申請手続きを試みて「初診日の証明」「認定基準の把握」「病歴就労状況等の申立書の作成」で行き詰っている方は、ぜひ社会保険労務士法人渡辺事務所へお電話ください。「頼んでよかった」と思っていただけるようなサポートができるよう、誠実に取り組ませていただきます。

結果

障害厚生年金3級年額約58万円を取得し、次回更新まで117万円を受給されました。

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日