障害年金受給事例集

知的障害で障害基礎年金2級を取得し、次回更新まで約237万円を受給されたケース

相談者

男性(20代/障害者枠で就労中)

【傷病名】 知的障害(20歳前障害)

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約237万円

相談時の相談者様の状況

本件は最初の電話相談から、すべて依頼者のお母さまと折衝しました。無料面談にもお母さまが一人で来られ、「まもなく20歳になる息子の障害年金を請求したい。実は息子とほぼ同じレベルの知的障害者の先輩が二人いて、昨年それぞれが申請したが、自分自身(家族)がやった方は「棄却」で、社会保険労務士に頼んだ方は受給できた。やはり、社会保険労務士に依頼したほうが受給の可能性が高まるのか?」と質問されました。

これに対し「障害年金の認定は『「診断書」の内容』『「病歴就労状況等申立書」の記載事項』『査定担当者の判断』等を総合的に勘案して決まるシステムなので、社会保険労務士に頼めば絶対大丈夫な訳ではない。ただし、「診断書の内容チェック」や「病歴就労状況等申立書の代筆」を当所がする方が、素人が自分でするよりも「勘どころ」を押さえることはできる。だから、やや可能性がアップするかもしれない」と回答しました。すると、お母さまは「自分でやって、失敗して後悔するのは嫌だから、依頼したい」とおっしゃり、契約となりました。

相談から請求までのサポート

病名が「知的障害」の場合の初診日は「出生日」ですから、初診日の証明書(受診状況等証明書)は不要です。診断書は20歳の誕生日の前後3か月間に証明日のあるものが使えます。誕生日直前のご依頼でしたから、「直近の診察日を証明日として診断書を作成ほしい」と記載した「診断書作成依頼書」を主治医へ送付すると、すぐに発行してくれました。

ただ、この案件の最大の問題は「病歴就労状況等申立書」の作成でした。面談時にお母さまより詳細にヒアリングを行い「小学校入学前」「小学校低学年」「小学校高学年」「中学校」「高校」「社会人」に時期を分割し、それぞれの時期に起こったエピソードや通院状況などを整理して、まず下書きを作りました。かなり長文になったものをお母さまに送り、添削をお願いしたところ、幸い「全く修正の必要なし」と二重丸のご納得をいただき、その他の書類と併せて年金事務所へ提出しました。約3カ月後、お母さまから「障害基礎年金2級に認定されました」と明るい声でご報告があり、「渡辺事務所に頼んで本当によかった」とも言っていただきました。 実は、正直なところ「障害基礎年金2級への認定はかなり厳しいだろう」と推定していましたので、受給決定がおりたことに、とても安堵した案件でした。

結果

障害基礎年金2級(年額約78万円)を取得し、次回更新まで237万円を受給されました。

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日