障害年金受給事例集

ADHD(注意欠如・多動性障害)で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約390万円を受給されたケース

相談者

女性(20代/当該疾病により失職)

【傷病名】 ADHD(注意欠如・多動性障害)

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約390万円

相談時の相談者様の状況

「娘が精神疾患を患っており、障害年金の申請を考えています。

年金事務所で説明は受けましたが、手続きが複雑に思えて困っています」と、ご家族(母)さまより申請に関するお問い合わせをいただきました。

お電話で簡易ヒアリングを行ったのち、認定基準等のポイントは抑えていることがわかりましたので、情報整理の為に無料面談にお越しいただくことになりました。

請求方法に関する内容をお伝えしたところ「お願いしたい」とのことで、ご契約となりました。

相談から請求までのサポート

ヒアリングを行ったところ初診日が10年以上前にあり、各地を転々をされておりましたので、その分だけクリニックが存在しておりました。

そのことから、ご契約者さま(母)は混乱されたものだとわかりました。

まずは、初診日のクリニック様へ連絡し受診状況等証明書の作成が可能であるか、確認の電話をいれたところ…「病名の記載は無いが、日付と簡単な症状のみ記載可能」と教えていただきましたので、弊所から専用の書類を作成し、指定箇所の記載をお願いいたしました。

次に「受診歴が古い」ということにポイントを定め、遡及(遡り)請求の可能性を考え、障害認定日(初診日より1年6ヶ月)のクリニック様へ連絡しました。

しかし「カルテ破棄」と断りされた為、断念する結果となりました。

ここからは請求方法事後重症請求に切り替え、必要書類を入手し年金事務所へ書類提出を行いました。

結果

事後重症による障害基礎年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約390万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日