障害年金受給事例集

広汎性発達障害で障害基礎年金を取得し、次回更新まで約312万円を受給されたケース

相談者

男性(20代/当該疾病により失職)

【傷病名】 広汎性発達障害

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約312万円

相談時の相談者様の状況

「年金事務所で申請方法を何度も確認し、ご自身で申請書類を集めていたが、申立書の作成が難しくなった」と、ご相談いただきました。

情報が不明瞭でしたので、面談にて確認させていただきました。受診状況等証明書をご入手済でしたが「前医有り」のチェックがありました。

ご相談に来られるまでは「受診状況等証明書という書類があれば良い」と勘違いされていたらしく、初診日の証明の必要性についてお話させていただきました。

この面談で「委託する」とおっしゃられましたので、ご契約となりました。

相談から請求までのサポート

ご依頼人ご自身で入手された受診状況等申立書には「前医有り」と記載されていたので、ヒアリングにて過去の通院歴を教えていただきました。ここでわかったのが「学生時代の時に精神科に通った」ということでした。10年以上前になり、カルテ破棄の可能性が高まりました。直接、病院へ確認すると「年単位で不定期な通院がある」ことから、最終通院日から5年経っていないことが発覚しました。すぐに初診日の証明書作成依頼を行い、出来上がった証明書をもとに現在の主治医へ診断書作成依頼を行い、障害年金を申請いたしました。

結果

事後重症による障害基礎年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約312万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日