障害年金受給事例集

広汎性発達障害で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約257万円を受給されたケース

相談者

男性(30代/障害者雇用にて就労中)

【傷病名】 広汎性発達障害

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約257万円

相談時の相談者様の状況

「一度、自分で申請したのですが、不支給になってしまいました。

申請の依頼をお願いできますか?」とお電話にてご依頼いただきました。

簡易ヒアリングを行う中で、前回不支給分の書類を年金機構へ開示請求してもらい、無料面談にて不支給原因を一緒に調べることにしました。

原因としては病歴・就労状況等申立書の記載内容だと判明しました。

再度、申請を行う場合、現在の主治医の見解もご確認いただくようご案内いたしました。

後日、ご依頼者さまより「主治医の見解を確認したところ、もう一度診断書作成を行うので、申請してみてはどうか?」とご提案いただいたとご連絡いただき、ご契約となりました。

相談から請求までのサポート

開示請求にて入手いただいた不支給分の書類をお預かりし、更に深く不支給原因の特定(推測になります)を行いました。

ご契約後の面談で行ったヒアリングでは、ご自身でご作成された申立書の倍以上の情報量で記載、広汎性発達障害の特性で注意すべきポイントを明確にしたうえで作成することにしました。

同時進行で主治医へ診断書作成依頼書をご交手いただき、完成した診断書の内容とのズレが無いか細部まで確認いたしました。

文面のブラッシュアップを何度も行ったうえで、必要書類を整え、年金事務所に書類提出を行いました。

結果

事後重症による障害厚生年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約257万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日