障害年金受給事例集

うつ病で障害基礎年金2級を取得し、次回更新まで約156万円を受給されたケース

相談者

女性(50代/一般事務職)

【傷病名】 うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約156万円

相談時の相談者様の状況

「うつ病と診断されています。障害年金の申請をしたいのでお願いします」とお問い合わせいただきました。

お電話にて簡易ヒアリングを行った結果、現在通院している病院の前に精神科に通われていることがわかりました。

このまま電話越しに請求方法を説明することが難しいと判断し無料面談にて請求までの案内を行いました。

後日「前医での証明も可能」とのご連絡をいただき、ご契約となりました。

相談から請求までのサポート

初診日が10年前にあり、カルテ破棄を心配しておりましたが、電子カルテにてデータ保存されていたため、初診日の証明書(受診状況等証明書)の作成を行うことができました。

同時進行で納付要件も念のため確認いたしましたが、未納もなく請求条件としては問題ありませんでした。

今回の申請で懸念されることとしましては「現在、就労中」ということです。障害者雇用での就労と一般企業での就労とでは、差がでてしまいます。

具体的な内容となれば、ケース・バイ・ケースになりますが、一般的に就労中(企業と雇用関係)のある方が障害基礎年金2級の要件を満たすことは難易度があります。

作成済みの診断書もガイドラインにきちんと乗っている状態。

更に病歴・就労状況等申立書には、事細かく言葉の表現も繊細に、どの部分をとっても「援助が必要」と理解できる表現やニュアンスが必須です。申請書類は何度も確認し、提出いたしました。

結果

事後重症による障害基礎年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約156万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日