障害年金受給事例集

うつ病で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約215万円を受給されたケース

相談者

男性(50代/当該疾病により失職)

【傷病名】 うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金3級

【支給月から更新月までの支給総額】 約215万円

相談時の相談者様の状況

「障害年金の申請を考えているが、必要書類が何なのかわかりません。お願いしたいです。」とお問い合わせを頂きました。

お電話にて必要な要件を確認させていただいたところ、現在通っている病院以外に通院歴は無いとわかりました。

障害年金に必要な診断書のポイントとして、主治医の協力が得られるかどうかも重要になります。

次回の診断時に「初診日と主治医の見解」をご確認くことをお願いしました。診察後、ご連絡いただき無料面談を経てご契約となりました。

相談から請求までのサポート

初診日が明確になり請求方法を整理しました。

遡及請求(認定日)も視野に入れて段取りしましたが、認定日(初診日から1年半)時点での症状が軽いとのことで、診断書の作成ができませんでした。

そのため、今回は現在の症状に関する診断書のご作成をお願いし、必要書類が揃った時点で書類の提出を行いました。

結果

事後重症による障害厚生年金3級へ決定されました。次の更新まで総額約215万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日