障害年金受給事例集

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約136万円を受給されたケース

相談者

男性(50代/当該疾病により失職)

【傷病名】 自閉症スペクトラム障害

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金3級

【支給月から更新月までの支給総額】 約136万円

相談時の相談者様の状況

「主治医から障害年金の請求を提案されました。自分で調べてみましたが、不明な点が多いので相談したいです」とお問合せいただきました。

お電話でのヒアリングだけでは難しい状態でしたので、無料面談にお越しいただき情報整理を行ったうえで、請求方法と弊所でのサービス内容のご案内を行い、ご納得いただいたうえでご契約となりました。

相談から請求までのサポート

今回の請求で一番お悩みだった内容が「初診日時点と現在の傷病名が違う」といったことでした。

障害年金の請求をするにあたり、初診日時点で「うつ病」と診断され、後に通院したクリニックで、発達検査を経て「自閉スペクトラム症」と診断されるケースは珍しくありません。

この場合、診断名された時点を初診と考えるのではなく、あくまでも精神疾患のくくりとして、初めて診察を受けたと考えられる時点(因果関係)を初診と考えます。(※神経症とされている強迫性障害で初診が成立する場合もあります)疑問点が解決したので、必要書類を集めました。

不備がなかったため年金事務所に書類提出を行いました。

結果

事後重症請求による障害厚生年金3級へ決定されました。次の更新まで総額約136万円を受給しました。

 

 

 

【障害年金のお問い合わせ・うつ病?発達障害?もしかして私も?と思った方はコチラ】

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォーム、LINEにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日