障害年金受給事例集

知的障害で障害基礎年金2級を取得し、次回更新まで約310万円を受給されたケース

相談者

女性(20代/特例子会社)

【傷病名】 知的障害

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約310万円

相談時の相談者様の状況

「特例子会社で雇用されているが、障害年金の受給は難しいか?」とメールにてお問い合わせいただきました。

障害年金の受給要件は「働いている・働いていない」だけで判断できない為、お電話にて簡単にヒアリングさせていただきました。

請求者はご息女で、お問い合わせはご両親によるものだとわかりました。

電話での説明や状況整理が難しい為、無料面談にて請求までの段取りやポイントを説明し、ご契約となりました。

相談から請求までのサポート

診断書作成時に精神疾患用の診断書を利用する知的障害では、初診日の証明は必要なく、認定日(20歳前後3ヶ月以内)の診断書が必要になります。

今回ご依頼いただいた方(請求者)の状態は特例子会社に従事されており、フルタイムでの勤務。

そこで、病歴・就労状況等申立書に出生時期からの出来事はもちろんのこと、職場でのトラブルと対処法、関わる支援者の数などを事細かく役割まで記載しました。

その後、戸籍書類を入手し年金事務所へ書類を提出しました。

結果

障害認定日による障害基礎年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約310万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日