障害年金受給事例集

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得し、次回更新まで約250万円を受給されたケース

相談者

男性(20代/当該疾病により失職)

【傷病名】 広汎性発達障害

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約250万円

相談時の相談者様の状況

ご両親(母)より「障害年金の請求について相談したい」とお電話をいただきました。

お電話にて簡単なヒアリングを行った結果、過去に1度請求を行い不支給通知を受けておられました。

何が原因で不支給になったのか調べる必要があったので、過去の書類一式をお持ちいただき無料面談となりました。

請求者さま(ご子息)の現在と過去の状態をすり合わせると、再請求しても大丈夫だと判断し、請求に必要なご案内をさせていただき、ご納得いただいたうえでご契約となりました。

相談から請求までのサポート

前回不支給分の資料から初診日の証明書をご作成いただく病院を明確にし、作成依頼を行いました。

次に遡及の可能性があったため、認定日時点で通院しておりました病院へ診断書作成依頼を行いました。

出来上がった書類をもとに現在の症状について、診断書作成依頼の段取りを行い、遡及請求(認定日)での申請を再度行いました。

結果

認定日時点での認定基準は認められませんでしたが、事後重症による障害基礎年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約250万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日