障害年金受給事例集

うつ病・広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得し、次回更新まで約250万円を受給されたケース

相談者

女性(40代/当該疾病により失職)

【傷病名】 広汎性発達障害

【決定した年金種類と等級】 障害基礎年金3級

【支給月から更新月までの支給総額】 約250万円

相談時の相談者様の状況

「福祉関連事業所の方から紹介を受けた」とお問い合わせのお電話をいただきました。

「過去に自己申請を行い不支給になったことから、再申請は諦めていた」とのことでしたので、無料面談にてお話を聞かせていただきました。

お話を聞く中で不支給になった原因が明確になったため、再度申請するにあたって必要な段取りをご提案させていただきました。後日「お願いしたい」とご連絡いただき契約となりました。

相談から請求までのサポート

以前、自己申請を行っていたので、不支給の原因を深掘り(確定)するために過去に提出した資料を開示請求にてお取り寄せいただくことから開始いたしました。

依頼者の方は「初診日時点のA病院は潰れている」と閉院を気にして折りましたが、取り寄せた資料の中には、以前A病院で作成していただいた初診日の証明書(受診状況等証明書)の写しがありました。

この写しの資料を初診日の証明とすることにしました。

今回は初回請求ではなく、再申請となるため「前回請求した状況よりも症状が重くなっている」ということを証明する必要がありました。

診断書を作成するにあたり、主治医へ主訴(既往症)となる疾患以外に疑われる症状(病名)がないか念入りにご確認いただき、「広汎性発達障害の2次障害としてうつ病を発症している」ことが発覚しました。

このことから「過去に提出した診断書」よりも症状が重たくなっていることが証明されたことを確信し、書類を提出いたしました。

結果

事後重症による障害基礎年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約250万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日