障害年金受給事例集

うつ病で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約150万円を受給されたケース

相談者

男性(40代/就労中)

【傷病名】 うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金3級

【支給月から更新月までの支給総額】 約150万円

相談時の相談者様の状況

「20年ほど前に対人関係が崩れたことをキッカケに体調不良を起こすようになり、何件かの精神科に通院しながら仕事を続けているが、この先働き続けることができるか不安」こうしたことから一度、障害年金について話を聞きたいと、面談に来られました。

弊所で行った一般雇用での受給ケースの説明を行い、ご納得いただいたうえでご契約となりました。

相談から請求までのサポート

数件の精神科を転々とされていたので、通院歴の整理を行いました。

一番古い病院で20年前になります。

当時の通院を裏付ける書類は一切無かったので、かなりハードル高さを覚悟していましたが、幸いにも初診日時点の通院記録が電子カルテにて保存されていました。

すぐに受診状況等証明書の作成を依頼。次に遡及の可能性を探りましたが、認定日時点での通院記録は別の病院で破棄されており、事後重症での請求となりました。

医学的見解は弊所で述べることはできませんので、ご依頼者さまへ主治医の見解をご確認いただきました。

「通るかはわからない」との見解でしたが、反対意見ではないので申請に向けた診断書作成依頼をお願いいたしました。

その他、必要書類が揃ったので申請を行いました。

結果

事後重症による障害厚生年金3級へ決定されました。次の更新まで総額約150万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォーム、LINEにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日