障害年金受給事例集

ADHD(注意欠如/多動性障害)、うつ病で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約234万円を受給されたケース

相談者

男性(40代/障害者雇用にて就労中)

【傷病名】 ADHD(注意欠如/多動性障害)、うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金3級

【支給月から更新月までの支給総額】 約234万円

相談時の相談者様の状況

「現在、フルタイムで働いているが障害年金の申請は可能か?可能であるなら依頼したい」とお問い合わせいただきました。

電話にて簡易ヒアリングを行ったところ、初診日が明確で証明に関することも当時の主治医へ連絡済みとのことでした。

現在の主治医へのご相談に関しても「協力的だ」とのことでしたので、無料面談にて請求方法のご案内をいたしました。

普段は仕事で動けないから依頼したいと、弊所でのサービスにご納得いただきご契約となりました。。

相談から請求までのサポート

今回のポイントは「フルタイム」で就労中ということでした。

障害者雇用で定着支援も利用中ですので、過去の経歴を細かくヒアリングし、病歴・就労状況等申立書に記載いたしました。

広汎性発達障害の診断では、環境次第ではありますが、勤続年数を問われる場合があると考え、転職回数や「どうして仕事をするにやめてしまうのか?」を一社ずつ細かく記載いたしました。

そして、必要書類が完成したので、年金事務所へ提出いたしました。

結果

事後重症による障害厚生年金3級へ決定されました。次の更新まで総額約234万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日