障害年金受給事例集

広汎性発達障害・うつ病で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約240万を受給されたケース

相談者

男性(40代/当該疾病により就労不可)

【傷病名】 広汎性発達障害・うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約240万円

相談時の相談者様の状況

「人間関係(対人関係)においてうまくいかない」ということで、弊所のグループ会社の就労移行支援事業所へ就労についてご相談に来られました。

ご相談内容の中で支援スタッフが障害年金に関する内容を確認したところ「受給の可能性がある」とわかり、相談者へ簡単に説明しました。

その後、渡辺事務所にご相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

ヒアリングを行い初診日時点で、厚生年金に加入していることがわかりました。

次に通院歴を確認し、現在通っている病院のみとわかったので、すぐに「診断書作成依頼が可能であるか?」主治医へご確認いただきました。
障害年金の要件全てを満たしていることがわかったので、病歴・就労状況等申立書の作成を行い、必要資料の整理を行いました。

この時、相談者の方は福祉事業所のサービスを使わずに、一般就労(障害者雇用)で内定をもらっておりました。しかし、ヒアリングから「生活状況が安定していない」と判断し、そのまま請求をすることにしました。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定し、障害厚生年金+障害基礎年金の受給が決まり、収入面では無理なく、出来る範囲で仕事内容を選べるようになり、安定した生活を送ることが可能になりました。次の更新まで、約240万を受給しました。

 

 

 

 

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日