障害年金受給事例集

双極性障害で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約404万円を受給されたケース

相談者

男性(40代/当該疾病により失職)

【傷病名】 双極性障害

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約404万円

相談時の相談者様の状況

「障害年金の申請をする為に、自分で書類とか集めてるんですけど、ちょっと見てもらっていいですか?」と書類確認のお問い合わせがありました。

お電話にて簡易ヒアリングを行い無料面談にお越しいただくことになりました。

面談を開始したところ「実はまだ、作成していない」と言うことがわかりましたので、改めて要件から確認し、申請までの流れを説明いたしました。

ご案内にご納得いただきましたので、ご契約となりました。

相談から請求までのサポート

必要書類の割り出しにヒアリングを細かく行いましたが、通院記録としては現在の病院様のみと判断できました。

ここでポイントになるのは病歴・就労状況等申立書になります。

「ただ、困っていることを記載」するだけではなく、緩急をつけた状態で内容作成を行う必要がありました。

主治医の先生が申請に協力的ということに甘んじることなく、申立書の書き方次第では安心して障害厚生年金2級の受給を見通せると考えました。

診断書(現症)と病歴・就労状況等申立書、その他必要になる戸籍書類が整いましたので、書類提出となりました。

結果

認定日請求による障害厚生年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約404万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日