障害年金受給事例集

うつ病で障害厚生年金2級を取得し、次回更新まで約270万円を受給されたケース

相談者

男性(40代/当該疾病により失職)

【傷病名】 うつ病

【決定した年金種類と等級】 障害厚生年金2級

【支給月から更新月までの支給総額】 約270万円

相談時の相談者様の状況

職場環境に馴染めず、休職と復職を何度も繰り返し、主治医へ相談したところ「障害年金の申請をしてみては?」と提案され弊所にお問い合わせいただきました。

詳細確認のため面談を行い簡単なヒアリングをさせていただきました。この時、すでに退職されておられました。

「障害年金の受給を主治医がすすめている」ということで、請求方法を説明しご納得いただいたうえでご契約となりました。

相談から請求までのサポート

ご契約後のヒアリングで「主治医が協力的」という印象がかなり強く、疑問に思いご契約者さまへ質問させていただきました。

すると「診察時に自宅で起こった出来事や体調について詳細をメモしている。

このメモを主治医に毎回渡している」とお答えいただきました。

こうした日々の積み重ねで主治医が「日常生活での支障」をご判断されたものと確信いたしました。その後、必要書類をご入手いただき申請いたしました。

結果

事後重症による障害厚生年金2級へ決定されました。次の更新まで総額約270万円を受給しました。

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所(社会復帰・社会参加)のご案内はコチラ

close

Contact

お気軽にご相談
お問い合わせください。

0120-386-366

フォームでのお問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝日は応相談)メール受付時間:24時間365日