キャリアアップ助成金

スーツを着て並んでいる人たち

非正規の従業員を正社員にしてあげたいと考えている事業主さんも、人件費が増加することを考え、なかなか進めることが出来ない事業主さんも多いかと思います。
そのようなときに活用していただきたいのがキャリアアップ助成金の正社員化コースです。

キャリアアップ助成金とは

非正規雇用の従業員(有期契約労働者、パートタイマー等)に対して、正社員化、人材育成、処遇改善などの取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)について

有期雇用の従業員→正社員 1人あたり60万円
有期雇用の従業員→無期雇用の従業員 1人あたり30万円
無期雇用の従業員→正社員 1人あたり60万円

上記のように正社員化等の取り組みをしていただくと助成されます。
しかし、一見簡単に助成金がもらえるかのように思いますが、非正規の労働者を正社員に転換したと言っても助成金がすぐに支給されるわけではありません
助成金とは、国からもらうお金になるわけですから、国が定めるルールにのっとり、順序通りに進めていく必要があります

キャリアアップ助成金(正社員化コース)について

また、助成金を受給するには以下の要件を満たす必要があります。

  • 事前に計画書を労働局へ届け出て、認定をもらっている
  • 入社してから6ヵ月以上非正規労働者として働いている
  • 加入要件を満たしている従業員を社会保険、雇用保険に加入させている
  • 就業規則等の整備ができている
  • 雇用契約をきちんと結んでいる
  • 出勤簿、賃金台帳を保管している
  • 残業代が法廷通り支払われている
  • その他各助成金ごとに定められる要件を満たしている

少し難しいようにも感じますが、法律通りの雇用をしていれば問題はありません。
助成金をうまく活用することで、コストを抑えながら雇用環境の改善が図れます。
雇用環境の改善は従業員の仕事に対する意欲の向上にもつながりますので、助成金を使いながら上手に進めていくことが大切です。


Contact

お問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。