代表プロフィール

代表紹介

代表 渡辺俊一

社会保険労務士法人 渡辺事務所 代表

渡辺 俊一

特定社会保険労務士
一般財団法人日本プロスピーカー協会認定ベーシックプロスピーカー
【所属団体】
全国社会保険労務士連合会
大阪府社会保険労務士会
社団法人大阪青年会議所
一般財団法人日本プロスピーカー協会

代表メッセージ

代表 渡辺俊一

このたび5年以上の年金申請代行の経験を生かし、皆さまのお力になるために障害年金申請センターを立ち上げることになりました。
障害を負ってしまわれた場合、ご本人様とそのご家族は経済的に不安を抱えられることが多くあります。そこで、収入減を補い、生活を支えるものが『障害年金』です。

障害者に対する所得保障充実は、家族の経済的負担を軽減させ、家族が精神的に障害者を支えるうえで重要な役割を果たします。
ところが障害の年金制度は、利用しようとしても複雑でわかりにくいところから、手続きで挫折したり、受給要件を見誤ったりと、本来の『障害年金』の役割を果たし切っていないことも現実です。

年金は手続きをしなければもらえません。黙っていてももらえません。
『知らなかった、気付かなかった』代償は将来に渡って大きな損を招くことも。特に障害年金は要注意です。時効が5年あるとはいっても、障害の状態によっては請求したときからしかもらえないケースもあるからです。長い期間に渡って、請求できるものを気付かなければ、やはり大きな損に。
また、障害年金申請は医師の診断書が必要です。請求しないで何年も過ぎてしまうと、カルテの確認ができなかったり、担当医師がいなかったり、さらには病院自体がなくなってしまったりと、診断書がもらえない場合もあります。

年金で一番大事なことは、不安を感じたり、わからなければ、すぐ問い合わせることです。障害の無年金者にならないためにも、ぜひ当事務所にご相談下さい。当センターはお客さまの笑顔が誇りです。

経歴

1977年
兵庫県神戸市に生まれ
自営業者として働く両親を見ながら育つ。
2000年
関西学院大学法学部法律学科を卒業
2000年
日本マクドナルド株式会社入社
2005年
社会保険労務士試験合格、その後、堺の製造業の人事部門で、労務管理に従事し、経験を積む。
2007年
第1種衛生管理者免許取得
2007年
渡辺社会保険労務士事務所を開設
2009年
事務所を難波(現住所)に移転
2016年
法人化し、社会保険労務士法人 渡辺事務所となる

著者紹介

頂点をめざす! ~経営者のパートナーとして歩む社労士の物語~

代表 渡辺俊一

経営における”ヒト・モノ・カネ”を社労士としての専門知識、ノウハウ、そして自ら人を育てて経営している”実”の部分の財産も踏まえて、最大化させていただくお手伝いをさせていただくために、「仕事をください」「なんでもします」「安くします」という下からお願いする姿勢ではなく、「お客様のパートナーとして仕事をします」「共に成長していきましょう」という姿勢で仕事をさせていただいているという事です。

渡辺俊一 著「頂点を目指す!~経営者のパートナーとして歩む社労士の物語~」P98より抜粋書がもらえない場合もあります。

年金で一番大事なことは、不安を感じたり、わからなければ、すぐ問い合わせることです。障害の無年金者にならないためにも、ぜひ当事務所にご相談下さい。当センターはお客さまの笑顔が誇りです。

Amazon「ベストセラー – 社会保険労務士の資格・検定」トップを獲得

アマゾン 渡辺俊一

ISO27001認証取得

MyKomon 会員専用ページログイン

顧客先様専用WEBアプリケーション

ROBINS掲載事業者です

Contact

お問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。