よくあるご質問

  • ALL
  • ご依頼について
  • 助成金
  • 労働保険/社会保険
  • 就業規則
  • 未払い残業
  • その他

年俸制であることだけで残業代の支払い義務はなくなりません。 基本的には基本給と残業代部分とが明確に区別されない限り残業代請求をされる余地は残っています。

更に、年俸制を理由にボーナスも残業代算定金額に算入された判例もあり、運用方法を誤ると逆にリスクが増す可能性もあります。

中小の企業が大手企業の就業規則をそのまま真似する事は失敗するキーワードです。 その就業規則は本当に会社の現状に合った就業規則でしょうか? 昇給ルールはどうなっていますか? 残業代は規定の通り支払っていますか?
賞与の規定は業績に連動するものですか?

こういった規定と現状の不整合が後々労務トラブルを招く要因となります。 今すぐ身の丈にあった就業規則へ変更される事が必要です。 労務トラブルは、実際に発生してから動く場合より事前に予防する場合の方が労力もお金も精神的負担も全てが少なくて済みます。

労基法では、いわゆる管理監督者についての規定があり、管理監督者には残業代支給が不要とされています。

しかしながら、現実の裁判では管理監督者と認められたケースは非常に少なく、管理監督者の認定は厳格な判断がなされていると言わざるを得ません。いわゆる「名ばかり管理職」から請求された場合には残業代支払いを拒む事は極めて難しいでしょう。

「管理職であれば残業代を支払わなくてもよい」という誤った認識は改め、別の対策を講じることが重要となってきます。

渡辺社会保険労務士事務所では法人・個人の事業主様を対象にご依頼を承っております。大変申し訳ございませんが労働問題に関する個人様からのご依頼には対応しておりません。

初回相談のお客様に関しましては、30分間無料で相談に応じております。 継続的な相談をご希望の場合は顧問契約となりますので、料金につきましては料金表をご確認ください。

渡辺社会保険労務士事務所では、毎週労務管理・助成金についてお得なメールマガジンを配信しております。ぜひご登録ください。

はい、渡辺事務所では、給与計算の依頼も承っております。労務コストの面からも保険手続きとセットでご依頼頂くことをお勧めしております。依頼して頂いたお客様は本業に集中できると喜ばれる方がほとんどです。

はい、問題ございません。 料金につきましては、料金表をご確認ください。 料金表はこちら

はい、問題ございません。 料金につきましては、料金表をご確認ください。 料金表はこちら

当社では、有資格者・試験合格者合わせて5名が在籍しております。 対応につきましては原則そちらのものがさせて頂きますのでご安心ください。

渡辺社会保険労務士事務所の電話受付は原則9:00~18:00となっておりますが、 顧問契約をして頂いたお客様には原則24時間対応のホットラインを別途お伝えさせて頂いておりますのでご安心ください。

助成金は、一定の要件を満たせば、国からもらえるお金ですので、返す必要はありません。

法人・個人事業を間わず、雇用保険に加入している事業主であれば、助成金はもらえます。

これら雇用保険の助成金は、雇用保険に加入していないともらえません。

社会保険は、厚生年金・健康保検であり、雇用保険とは違うものです。

役職によって差はありますが、一般的な事業の場合は保険料率は11/1000です。

雇用保険の保険料を財源としています。

課税対象になります。雑収入になりますので、処理方法は税理士の先生にお尋ねください。

助成金の手続は、自社ですることは可能です. しかし、申請のタイミングがとても重要で、申請のタイミングを逃すと1円ももらえません。 特殊な手続が必要なため、プロに任せるほうが安心です。

渡辺社会保険労務士事務所では、初回の相談費用等は一切いただいておりません。 助成金を受給された頭に対して、20%~25%(難易度により異なる)の報酬を頂くシステムを採用しています。 相談等は無料ですので、お気軽にどうぞ。

その他のサービス

ISO27001認証取得

MyKomon 会員専用ページログイン

顧客先様専用WEBアプリケーション

ROBINS掲載事業者です

Contact

お問い合わせ

お電話、フォームにてお気軽にご相談・お問い合わせください。